プロフィール


心の相談室 まついなおこ
まついなおこ

 

50代からの心の掃除・片づけ相談室
まつい なおこ

 

心の本棚の奥の奥にしまい込んできた気持ちをスッキリさせて、人生後半をもっとシンプルに、身軽に生きたい。

 

日々、よろこびを味わって生きたい。

 

そんな女性の心の旅に寄り添います。

中学時代、「困っている人のために、世の中を住みやすくする現場の力になりたい」と思い始め、弁護士を志す。

 

早稲田大学法学部に入学直後、授業の一環で刑事事件の公判を傍聴し、「思っていたのと違う」と弁護士志望が揺らぐ。

 

一度は研究者への道も考えたが、「自分は現場で人に出会いたいのだ」と気づき、3年生から司法試験の勉強を開始。

 

大学卒業後、20代前半で結婚し、当時としては珍しかった主婦兼受験生として司法試験を受け続ける。

 

択一試験(旧司法試験)はクリアするものの、論文試験の壁を越えられず、友人達が社会人として活躍を始める様子に、焦りを感じる日々を過ごす。

 

また、結婚生活を通して、物心ついてから重荷に感じていた、両親との関係も新たな局面に入る。「相手が期待に応えてくれない不満」を抱えつつも「諦めて自分一人で頑張り続ける」心のクセが顕著になり、心身の不調に苦しむようになる。初めて臨床心理士のカウンセリングを受ける。


 

自分自身が本質的に変わらなかったため、その後も不定愁訴は続き、かかりつけ医の紹介で再びカウンセリングを受け、心理療法のワークショップにも参加するようになる。この頃、30代半ばで離婚。

 

主婦業と受験勉強しかしてこなかったものの、好きな場で職を得たいと思い、書店の販売員として勤務。人文書コーナー(歴史、宗教など)の担当となる。本づくりに携わった人々の情熱の成果を読者に届けるリレーの最終走者である、という喜びを感じつつ働く。老若男女、様々なお客様と接するうち、「人が好き」な自分を実感する。

 

20回の受験の末、遂に司法試験を断念。

法律事務所の事務員として勤務する。

43歳で一回り年下の夫と結婚。

 

家庭と仕事に恵まれ、しあわせなはずなのに、手に入らなかったものばかりが光って見え、自分を責め続ける日々が始まる。

そんなある日、勤務先の近所でヒーリングに出会う。

心のクセは、自分の思い込みだったと気がつき、肩の力が抜け始める。

 

法律事務所の事務員として、交通事故、金銭トラブル、相続・離婚問題などの事件当事者やその関係者など、様々な人間模様に接した経験から、対人関係のトラブルの多くは、「自分自身との関係」に根ざすようだ、と考えるようになった。

また、時には事件当事者の生の感情の発露に出会うなかで、「それでも人が好き」な自分に改めて気づいたこともあり、人の心に寄り添う専門家となることを決意する。

 

出会うお一人おひとりの命の輝きに触れる今、この使命に、日々しあわせを感じている。

 

 

 

●所属団体

 

・一般社団法人日本心浄術ヒーリング協会所属

☆ヒーラー 瞑想トレーナー

・株式会社ハート&カラー色彩学校認定

アート療法士 

 

趣味は、散歩と読書と落語を聴くこと。

料理して夫と家でごはんを食べることが、この上なくしあわせ。