こころとからだの簡単セルフケア

秋の漢方養生
今年は、秋分を過ぎても暑さが残りますね。青空の色には、さすがに秋らしい透明さが深まっているように感じますが、少し歩くと驚くほど汗をかいたりします。ここへくるまでに、すでに夏の暑さで沢山の汗をかき、水分を失っているからだに、ほどよくうるおいを足すために、漢方養生では、甘味と酸味をいっしょに摂ることを大切にしています。

ニュースで不安が増幅したら
豪雨や新型コロナウィルスの情報…せっかくのお盆休みを、テレビやネットなどでニュースを見続けて、いたずらに不安を募らせたり、気持ちが縮こまっていませんか。 必要なときに、必要な情報を、発信元を確認して受け取ることは重要な行動ですが、必要以上にそこに囚われてしまうと、本来の自分の生活が乱れてしまいかねません。...

マインドフルに手を洗おう
子どもの頃から、耳にタコができるほど言われ続けてきた「手を洗おう」。 あまりにも基本的なので、大人になった今では、当然身についていると思い込んでいましたが、そうでもなかった、と気づいたのが一年ほど前。 “一応”洗ってはいたけれど、感染症の予防になりうる程度の丁寧さはなかった、ということが判明したのでした。

セルフケアとは、まず自分から酸素マスクをつけること…セルフケアってどういうことでしょうか?

梅雨明けから盛夏への過ごし方としておすすめの緑茶
いよいよ梅雨明け。「新しい生活様式」元年の今年、今までとは違う初めての夏。心身の疲れや不調を溜めないよう、ちょっとしたセルフケアを毎日の暮らしに取り入れましょう。

暗いニュースばかりの昨今。スケジュールの中止で、手帳は空白になりました。 でも「これじゃ嫌だ」と思った私。いいニュースは自分でつくって、手帳を埋めてゆくことにしました!

簡単 セルフケア 
春分を過ぎ、陰陽の「陽」の気が増してゆく季節に入りました。 揺り戻しを繰り返しながら、暖かい日が増え、桜も咲いています。 春は、縮こまっていた身体もゆるやかに、気持ちも新たにのびのびと希望を感じる季節… そんな実感を味わえるのも確かなのですが、万人が春に酔いしれる、ということはなく、 春になると憂鬱になることもあります。...