日々あれこれ

思い込みを外して非常時を日常として生きる
日々あれこれ · 2021/07/01
昨年の春、久しぶりに法事で実家の家族が集まったときのことです。 お寺の本堂での儀式は滞りなく済み、控えの部屋で一休みしていると、ご住職がご挨拶にみえました。

日々あれこれ · 2021/03/31
明日から、新年度が幕を開けます。新しい環境に、歩みを進める方も多いときですね。 学校とか、職場とか、転勤で行く見知らぬ土地とか… それが、たっての希望が叶っての門出であるならば、なにも言うことはないかもしれません。 でも、もしも、本意でないスタートであるとしたら… がっかりした気持ち、かなしい気持ちにフタをしないで...

マインドフルネスとの出会い
日々あれこれ · 2021/02/18
バレンタインの翌日15日、昨年から参加していたマインドフルネスの8週間プログラムが終了しました。 私にとって、人生初のマインドフルネスの実践でした。今、「よくぞこのプログラムに参加できたことよ」というシンプルなよろこびを味わっています。 参加したプログラムは、正確には、マインドフルネス認知療法(MIndfulluness Based Cognitive...

「私、心配しないので」
日々あれこれ · 2020/12/10
不安が増幅していくから、心配はしないように。そんな風に自分に向かって声を掛けていたタイミング思い出した、とっておきの言葉。

思えば遠くへきたもんだ サンドウィッチマン スカイツリー
日々あれこれ · 2020/11/27
昨年50歳になった私。年齢を重ねてきて楽しいことは、好もしいと思えるものが増えてくることです。 あなたも、たとえば、子どもの頃には苦手だったピーマンを、いつの間にか美味しく食べていたり、「なんじゃこりゃ」と思っていたミョウガが好きになっていたり、そんな経験がありませんか。...

日々あれこれ · 2020/11/14
今年は、withコロナとか、新しい生活様式、といった言葉とともに、誰もがそのような「様式」へのトライを余儀なくされてきました。それぞれがいる場で、それぞれの「新しさ」に直面しているわけですが、ほとんどの人が実行するようになっとことが、外出時には常時マスクをつける、という行動ですね。...

伝説の大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎の横浜公演会場のイメージ
日々あれこれ · 2020/10/18
”伝説の大道芸人”ギリヤーク尼ヶ崎さんを、ご存じですか。現在、90歳の現役の踊り手です。

誰かの自死を防げるかもしれない ゲートキーパー
日々あれこれ · 2020/10/06
私は落語が好きなのですが(米朝さんのファンです)、落語を聴いていると、川に身を投げようとしている人、木の枝にぶら下がろうとしている人を「待て待て!バカなことをするな!」と止める人が出てくることがあります。「どんなことがあったが知らないが、生きていればいい日もある。早まっちゃいけないよ」と声をかけます。こちらへ、抱きとめます。思い詰めていた人は、ハッと我に返り、人生の歩みを続けます。 落語ですが、「間に合った…」と安堵します。その先で、また笑いを誘う出来事が起きるわけですが、まさしく、「生きてりゃこそ」のエネルギーの振幅です。 でも、誰かをこちら側に止めるのに、事態がその人を橋の上や木の下に連れていくまで待つ必要は、ありません。もっと手前で気づけたら、声をかけられたら。身近な人の「まさか」を防ぐためにできることがあります。

やさしいことはつよいのよイメージ
日々あれこれ · 2020/10/04
やさしくね やさしくね やさしいことはつよいのよ 今年(2020年)の3月に亡くなった宮城まり子さんの言葉です。...

家族のケンカ 火花のイメージ
日々あれこれ · 2020/08/22
暑い日が続きます。 夏は、スカーッと発散したい季節ですが、例年のような「夏といえばコレでしょ!」という過ごし方も、なかなか難しいまま、八月も終わりに近づいています。 暑さと湿度で体調もいま一つパットしない、でも、家にいる時間は増えて…...

さらに表示する