赤い獅子と黒い獅子


昨年の秋のことです。たまたま通りかかった横浜中華街の近くで、どこか懐かしいようなお囃子の音が聞こえてきました。

なんだろう?と思うまもなく、爆竹の音がそれに重なり、あの独特の、爆ぜる匂いが立ち込めました。

お祭りをみるのが好きな私は、一緒に歩いていた夫を置いていく勢いで、音と匂いの方へ急ぎました。

 

赤い獅子と黒い獅子の、獅子舞が、まさに始まったところでした。

 

日本の獅子舞でも見覚えのある動き、でも、こちらの二頭の獅子は、よりダイナミックで爆発的な祝祭感に充ちていました。
爆竹と相まって、まさしく魔除けでした

 

獅子舞が終わった後、その場に置かれた赤と黒、二頭の獅子頭に近づいて見ました。

鮮やかな色とキラキラした飾りの獅子が、爆竹の匂いとざわめきの残る路上に、仲良く並んでいます。

 

赤い獅子

 

 

ふと、赤は光を、黒は闇を象徴しているように感じました。

朝日の色と、夜の色です。

 

 

私たちは、ともすると「明るいのがいいこと」「暗いのはよくないこと」と思いがちです。

 

「いつも明るく前向きに」とか、「暗い顔をしないで」とか、誰かとの会話や読みものの中で、よく見聞きします。

「闇」とか「ダークサイド」という表現が、日常会話の冗談として使われることもあります。

 

でも、光と闇は、表と裏。

太陽の時間の後に、暗い夜がくるからこそ、よく眠って休むことができます。

やがて夜が明け、太陽のエネルギーが注がれてこそ、食べて、働いて、活動できます。

 

光だけでは眩し過ぎて直視できません。

影があるから、よくものが見えるのです。

どちらも、かけがえがないのです。

 

 

黒い獅子

 

人の心の中も、同じだと思っています。

たしかに、光と闇のバランスが崩れるのは苦しいことです。

 

ただ、そんな時でも、闇とか影の部分も「ある」のが自然なことだ、と受けとめることができたら、その苦しさは、少し和らぎませんか。

 

暗さもまた、自然なことです。

人生の一分一秒に影の欠片もない人はいないでしょう。

暗さもある自分を、それはそれとして、そこからバランスをとってみればよいのです。

暗いイコール悪い、というものではないのです。

 

光と闇は、表と裏なのですから。

 

 

仲良く並んでいる赤い獅子と黒い獅子に、光と闇が調和する宇宙のリズムを感じたお祭りでした。