· 

「今日良かったこと3つ」を一か月書いてみたら

今日で4月もおしまい。
あなたにとって、どんな一か月でしたか?


2月末から、公私ともに予定のキャンセルが増え、手帳がバッテンばかりになりました。
そしていつしか、新しい予定が入らないため、ぺージが空白に…

「これじゃなんか嫌だな」と思った私は、今まで「予定」を書き込むものとして使っていた手帳を「記録」のためにも使うことにしました。


寝る前に、「今日の良かったこと3つ」を書き留めています。
ピンクのペンで。


今日良かったこと3つを書き続けたら

「良かったこと」は、どんなことでもOKとします。


ご飯が美味しく炊けたでも、空が晴れてて嬉しいでも、面白いYouTubeチャンネルを見つけたでも、友達と電話で話したでも、何でも。
(もちろん、壮大な感動でもいいのですが)


趣旨は、空白になった手帳を見て「あぁ…」とガッカリするのではなく、自分なりに充実した一日一日を過ごしているという実感を視覚化したい、という事にあるので、「良かった」の内容は不問です。

 

これを1か月試してみて、私は、かなり楽しめています。

ピンクのペンで、毎日何かが書き込んである、この一か月。
見返すと、自分なりの工夫や、気づいたことが散りばめられた4月だったなあ、と思えます。


自分が、どんなことに興味があって、どんなものによろこびを感じているのか、改めて知るきっかけにもなります。

逆に、偏りも見渡せます。
別に、偏っていても良いとも思いますが、もうちょっと違う景色が見たいなら、好きなことを違う角度から見直してみるものいいかもしれません。


オマケもありました。
今まで、あまり好きと思っていなかったピンク色を良いな、と思うようになりました。
たまたま手近にあったペンを使っただけだったのですが…



予断を許さない状況のなかで、5月が始まります。
初夏の爽やかさを存分に味わいながら、足元をしっかりと。
そんなことを思います。