心のセルフケアとぬり絵

五月晴れの季節となりました。いかがお過ごしですか?
もし今、季節とは裏腹にあなたの心にモヤモヤやイライラが居座っていて、スッキリしない気分が続いているのなら、「簡単にできて深くリラックスできる」セルフケアとして、ぬり絵がお勧めです。

子どものすることでしょ?と思われるでしょうか。

でも、実際にやってみると、そんな事はありません。
「やってみたもん勝ち」です(笑)

 

色を選んで塗っていると、知らず知らずのうちにビックリするほど無心になっているご自分に気づくでしょう。(正確にいうと、塗り終わったときに「あれ?こんなに集中してた!」と気づくと思います)



なぜかというと…

 

 

心のセルフケアぬり絵
この図柄は、下記でご紹介するサイト①で無料ダウンロードできます


ぬり絵に注意を向けて作業しているとき、右脳が活発に働いているのです。
右脳は、直観担当係です。右脳が活発に働いているとき、論理担当係の左脳は一休みしています。

左脳は立派な仕事をしてくれるのですが、働きすぎると「ああでもない、こうでもない」と
グルグル止まらない思考を繰り返して、私たちは疲れてしまいます。


右脳が活発になっているときは、アタマのグルグルがお休みしているとき。
だから、ぬり絵で無心になって、右脳が活発になると、十分にリラックスできるのです。

(参考文献「脳の右側で描け」ベティ・エドワーズ著)



何かを創るって、夢中になりますよね。ぬり絵でなくても、何でも良いのです。ねん土をこねたり、切り絵をしたり…手芸もそうですね。


でも、絵を描くのが苦手な方や、手芸や工芸などに親しんでいない方にも気軽に簡単にできる、それがぬり絵の素晴らしいところです。

 

心のセルフケアぬり絵の作品例
この図柄は下記⑤でご案内するAdobeのぬり絵です

私はメニューとしてぬり絵アートセラピーをご提供していますが、ぬり絵そのものは、一人でもできる簡単なセルフケアです。

セラピーの場でご一緒に作品を読み解いていくときと同じような気づきは、得にくいかもしれません。でも、自分一人でも心のザワザワを流せる有効な方法の一つなのです。



下記でご紹介する無料ダウンロードぬり絵を
A5サイズで印刷すると、10分から15分ほどで完成すると思います。


眠れない夜や、なんだか気持ちが落ち着かない時にお試しください。
もちろん、シンプルに「楽しみたいから」という時にもどうぞ。





【ぬり絵の無料ダウンロード】

 

 

 

 

心のセルフケアぬり絵
①心のケアぬり絵
心のセルフケアぬり絵
①心のケアぬり絵

心のセルフケアぬり絵
③東京国立博物館ぬり絵
MOMAぬり絵
④MOMAぬり絵