· 

塗り絵アートセラピーお客様の作品~内なるエネルギーの気づき


色は心の声を伝える言葉。

 

塗り絵アートセラピーのお客様の作品をご紹介します。

こちらのお客様は、オンラインセッション90分コースをご利用になりました。

 

塗り絵図柄の拡大

オンラインのセッションでは、まず、塗り絵図柄を複数枚、郵送します。そして、1枚目を宿題的に仕上げていただき、写真をお送りいただきます。そのうえで、当日、zoomを使ってお話ししたり、2枚目を塗っていく、という流れです。

こちらのお客様は、zoomは初めてでいらっしゃいましたが、テスト面談もスムーズにこなされ、今回のセッションで取り組みたいテーマについてもお話を伺うことができたので、よりお気持ちにフィットする図柄をご提案できたのでは、と思います。

「塗り絵図柄を拡大コピーして使ってもいいですか?」というご質問をいただいたとき、ハッとしました。

この方の今のお気持ちにとって、塗り絵アートセラピーが深くお役に立てそうです。

そして、送られたのが、こちらの作品でした。

塗り絵アートセラピーお客様の作品画像
塗り絵アートセラピーお客様の作品

内なるエネルギーの気づき

「すごいのをつくってしまいましたけど、だいぶスッキリしました」

 

塗り絵図柄の原寸は、21センチ×27センチというサイズです。A4よりちょっと小さめです。

「元のサイズではおさまりきらない」と感じて、A3に拡大なさいました。

そして「これ以上の大きさでも、かえって大き過ぎた」とも教えてくださいました。

 

クレヨンをつかって、指で擦り描きも試されました。

塗っているときに、絵が動くような体感も感じられ、完成後は気持ちが良かったそうです。

 

ご自分の”外に出したい気持ち”のボリュームを把握なさっていて、ご自身がしっくりくるサイズに調整されたこと、クレヨンの擦り描きという方法を編み出されたことに、とても感動しました。

さらにお話ししているうち、この作品をつくったことで、ご自身のエネルギーに気づかれたこと、そうしたら現実の対人関係が変化してきたことも教えていただきました。

 

まさに、塗り絵を塗っているその時だけでなく、作品の完成後にわたって、アートセラピーを生きる、という作業をなさったのだと思います。

 

選んだ色のお話をしながら、次の塗り絵の制作にうつります。

塗り絵アートセラピーお客様の作品画像
塗り絵アートセラピーお客様の作品

選ばれたのは、こちらの図柄です。
時間の制約があるため完成に至りませんが、この図柄を選ばれた理由や、それぞれの色をどのようなイメージや思いで塗られたのかなど、お話ししました。

 

青い色が1枚目でも登場しましたが、それとは異なるイメージを表す青が、登場しました。

同じ人が、あまり時間をおかずに選んだ”青い色”も、必ずしも同一の意味ではないのですね。

この方にとっての、「今」の青色の意味をうかがいました。

 

1枚目と比べると、トーンが柔らかくなっている印象ですが、これから時間をかけて、しっくりくる色を見つけられた暁には、また異なる印象の作品になるのかもしれません。

セッション後に頂いたご感想です。

 

 

「自分でも思いがけないものが、塗り絵の中に現れてくることにちょっと驚きます。そういえば、人間は思考や言葉だけではなかった。もっと広がりをもった存在のはず…忘れてたな~と実感したら、現実との向き合い方もさらに変わって行けそうです。」

 

 

変化の手ごたえをシェアしてくださいまして、心から嬉しいお声でした。

これからも、塗り絵やいたずら描き、ちょっとした工作や手芸など、ぜひ心のなかのもののアウトプットをお試しくださいね。

これからの歩みが、より豊かになりますように。

 

どうもありがとうございました。

 

ごきげんよう

 

 

▼色は心の声を伝える言葉

塗り絵アートセラピーについてはコチラから
お問い合わせもお気軽にどうぞ