知っておきたい!夏の上手な水分補給

梅雨明けのニュースが届く季節になりました。

 

漢方養生では、梅雨どきのセルフケアとして、湿度対策が重要と考えますが、梅雨が明けても、ひきつづき湿度の高い日々を過ごすことになります。加えて、今年の夏も暑くなりそうですね。

 

 

近年、熱中症対策から「水分補給が大事」ということは国民的了解事項になりましたが、意外と「飲みかた」には、あまり注意が向いていないかもしれません。

 

漢方養生の視点から、夏の水分補給について、おさらいしてみましょう。

夏の水分補給イメージ画像

水分補給のポイントは

 ・冷たいものを避けて

・ちびちび少しずつ

 

これがポイントです。とてもシンプルですね。

冷たいものを避ける

冷え冷えのアイスコーヒーや麦茶、牛乳、ジュース、スムージーなどなど。

グラスについた水滴の、見た目の涼しさもあいまって、つめたーいものは、渇きを癒すイメージが強いですが(コマーシャルなどの影響もあることでしょう)、お腹は喜びません。

 

常温の飲み物が理想ですが、常温とは何度でしょうか?

それは、各自の体温が基準ということになります。

 

つまり、お腹の身になって、受け入れやすい温度はどの位か、と考えてみましょう。


 

…………………
【但し、熱中症になったかも、という場合は冷たい水分をとりましょう】

 

参考までにご紹介します

環境省熱中症予防情報サイト

上記サイトに上がっている「熱中症環境保健マニュアル」の抜粋、「熱中症を疑ったときには何をするべきか」に「冷たい飲み物」という記述があります。

…………………


ちびちび少しずつ

のどが渇いた!という感覚が強烈だと、ゴクゴク飲んでしまったり、立て続けにお代わり、となりがちですが、お腹は、一気に流れ込む水の処理にてんてこ舞いです。

 

喉越しの官能を楽しむなら、たまのゴクゴクもよいでしょうが、お腹は、エネルギーを生み出すという大仕事を担っていることを忘れずに!

お腹を大事に

・冷たいものを避ける

・ちびちび少しずつ

 

お気づきのように、これらのポイントは「お腹を大事に」というテーマでつながっています。

もちろん、食べたもの、飲んだものを受け入れ、消化して、栄養に変えるお腹のはたらきは、1年中大切なのですが、汗をかいて体力を消耗する夏、特にいたわってやりたいのがお腹です。

 

漢方では、消化を司る五臓のひとつ“脾”は、湿を嫌うと考えます。“湿”とは、湿度だけでなく、水分をイメージすると分かりやすいでしょう。だから、冷たいものをゴクゴク飲んでしまうと、“脾”がはたらきづらい環境を作ってしまうことになるのです。

 

もちろん、水分をとることは、とても大事。

さらにそこから、体全体にとってバランスのよい水分のとり方を、色々試して工夫してみましょう。

自分にとってバランスがよいことって、つまるところ、自分でしかわかりません。

お腹は喜んでるかな?

ときどき、意識してみるのもいいですね。

 

 

どうぞお元気でお過ごしください。

 

ごきげんよう