漢方養生の「冬」

いつのまにか日が短くなり、冬の訪れを体感します。暦の上でも、すでに立冬を過ぎて冬が始まっています。

漢方養生からみると冬はどのような季節なのでしょうか。

四季の養生法のなかで、冬はもっともイメージしやすいのではないでしょうか。

あたたかくする。

 

シンプルですが、冬の過ごし方で大事なのはコレです。そして、人は自然と、冬には衣食住のすべてにわたり、暖をとる工夫をします。とくに「養生だ」と構えなくても、皆さん無意識に季節の養生法を実践されているのが冬という季節です。冬の食卓では鍋物やスープなど温かい料理が人気ですし、寒くなると靴下や腹巻を愛用するかもしれません。寒さに対して、不足するものを補ってバランスをとるという、陰陽論の実践をしているのですね。

シンプルですが、冬の過ごし方で大事なのはコレです。そして、人は自然と、冬には衣食住のすべてにわたり、暖をとる工夫をします。とくに「養生だ」と構えなくても、皆さん無意識に季節の養生法を実践されているのが冬という季節です。冬の食卓では鍋物やスープなど温かい料理が人気ですし、寒くなると靴下や腹巻を愛用するかもしれません。寒さに対して、不足するものを補ってバランスをとるという、陰陽論の実践をしているのですね。